目次

USAの航空母艦

航空母艦(こうくうぼかん、aircraft carrier 略称は空母(くうぼ))は、飛行甲板を持った艦船のことを言う。航空母艦の多くは航空機を離艦・着艦させると同時に、航空機に対する整備能力と航空燃料や武器類の補給能力を有し、海上において単独で航空戦を継続する能力を有する軍艦(艦艇)。 現代では洋上基地(司令部)としての機能も求められ海の上のどこからでも航空機を発進させることができる空母は、現代海軍の主用艦艇である。

原子力空母

最初に建造されたのは1960年進水のアメリカ海軍のエンタープライズである。移動できる兵器としては人類最大のものである原子力空母には多くの人や国が、その存在感に恐れと敬意をもって接する。そのため、多くの映画・小説・TV番組にも登場し、10隻も保有する米海軍の象徴的な存在である。 2007年現在、原子力空母を運用しているのはアメリカ海軍(エンタープライズとニミッツ級)とフランス海軍(シャルル・ド・ゴール)の合わせて11隻だけである。旧ソ連海軍も計画していたが、ソ連崩壊により中止された。 米海軍で90機、仏海軍のシャルル・ド・ゴールで40機ほどの各種航空機を艦内に収容して、海上戦闘、航空戦闘、陸上への戦力投射、輸送、軍事活動支援、人道援助、外交などの各種活動に多角的に対応できる柔軟性を持つ。 米海軍では空母打撃群(Carrier Strike Group、CSG)の中核となり、空母の船としての指揮は艦長である大佐が行い、空母上の航空団(Carrier Air Wing, 略記号ではCVW)の指揮官はCAG(キャグ、Commander, Air Group)とばれる別の大佐が行なう。空母打撃群を指揮する少将のもとに両大佐が直属する。なお、艦長を補佐する副長(XO)も、CAGを補佐する副CAG(DCAG)も共に大佐である。 一つの艦船に2,000人から5,500人もの人員が乗り込み、何ヶ月もの長期(多くが6ヶ月間)に渡り本国を離れた遠い洋上で生活するため、艦内に診療室、床屋、郵便局、売店、教会などを備えた小さな街を形成している。

出会い 無料 ホームページ レンタルサーバー 無料君